予約状況にはキャンセル等が発生する場合がございます。実際の空き状況につきましては、お気軽にお問い合わせください。

イベントを読み込み中

« All Events

【中止】『さよならテレビ』上映会

3月8日(日) 

本イベントは中止となりました。詳しくは主催・長崎市チトセピアホール(TEL:095-842-2700)までお問い合わせください。



薄っぺらいメディアリテラシーはもうたくさん。
テレビの現場は日々、何に苦悩し、何を恐れ、どんな決断を迫られているのか。
テレビの今を活写する話題のドキュメンタリー、長崎初公開!


【「さよならテレビ」予告編映像】

どうしてお別れしたのだろう わたしたち…
今は昔。テレビは街頭の、お茶の間の、ダントツの人気者だった。豊かな広告収入を背景に、情報や娯楽を提供する民間放送は、資本主義社会で最も成功したビジネスモデルの一つだった。しかし、その勢いはもうない。「テレビは観ない」と公言することがクールだった時代を通り越し、今はテレビを持たない若者も珍しくない。マスメディアの頂点でジャーナリズムの一翼を担ってきたテレビが、「マスゴミ」と揶揄されるようになって久しい。これは市民社会の成熟か、あるいはメディア自身の凋落か…。今、テレビで、何が起きているのか? 『ホームレス理事長』『ヤクザと憲法』のクルーが、自社の報道部にカメラを入れた。

本作は東海テレビ開局60周年記念番組「さよならテレビ」(77分)に新たなシーンを加えた待望の映画化である。自らを裸にしていくかのような企画は、取材当初からハレーションを引き起こした。そして、東海地方限定で放送されるやいなや、テーマだけでなく、その挑発的な演出が、異例の大反響を呼んだ。番組を録画したDVDが、まるで密造酒のように全国の映像制作者に出回った。テレビの現場は日々、何に苦悩し、何を恐れ、どんな決断を迫られているのか。果たして、今のテレビにレゾンデートルはあるのか?

薄っぺらいメディアリテラシーは、もうたくさん。テレビの今を活写する。

■2020 年 3 月 8 日 (日)
①11:00~ ②15:30 (開場は各回30分前)

■鑑賞料金:1,300円(事前予約不要・当日会場まで直接お越しください)

『さよならテレビ』公式HP


【主 催】 長崎市チトセピアホール 指定管理者 有限会社ステージサービス

予約状況にはキャンセル等が発生する場合がございます。実際の空き状況につきましては、お気軽にお問い合わせください。